• トップ /
  • 賃貸の家探しで必要になるお金

賃貸の家探しでは初期費用を払う

家探しをして賃貸生活をするにはお金が必要です。賃貸マンションやアパートに入居後に家賃や管理費を支払うのは当然ですが、気に入った物件が見つかって必要なプロセスを経た後に正式に契約を取り交わす時にはある程度のまとまった金額が必要です。このまとまったお金を、家探しの初期費用といいます。初期費用の金額については、エリアや物件、不動産会社ごとに少しずつ違いはありますが一般的な目安としては家賃の6か月分と言われています。初期費用はいくつかの項目に分かれていて、家探しにあたって支払う目的や支払先が決まっています。初期費用の内訳は、敷金と礼金が家賃2か月分ずつ、不動産会社への仲介手数料が1か月分、翌月分としての前家賃1か月分が標準的です。敷金は、賃貸契約の担保金として家賃を未納してしまった時や退去時の室内修繕の責任を果たすために事前に大家さんに預けるお金です。礼金は、部屋を借りるお礼として借り手から大家さんに渡すもので、家賃や修繕費を清算後に残金があれば返金される敷金とは異なり退去時にも返還されないお金です。仲介手数料は、自社物件以外の立ち場で賃貸物件を紹介した場合に不動産会社に請求権がある手数料です。そして、賃貸物件の家賃は月払いの前払いが基本なので契約が成立した時点で翌月分の家賃を前家賃として支払います。もしも契約をした当月から入居を希望する場合は、その月の残日数に応じた日割り計算で家賃を請求されます。

バックナンバー

家探しの情報

↑PAGE TOP